本文へスキップ

まるやま法律事務所は埼玉県熊谷市に所在する総合法律事務所です。
現在無料相談を実施しておりますので,お気軽にご相談ください。

TEL. 048-501-8274

〒360-0042 埼玉県熊谷市本町1丁目62番地 M&Aビル本町4階
営業時間 平日:10:00〜18:00 土日祝:休み
法律相談予約はこちら

評価損とは?

 評価損とは,「交通事故により損傷を受ける前の車両の価格」と「交通事故による損傷を修理した後の車両価格」との差額のことを言います。
 評価損の中には,修理をしても技術上の限界から車両に回復できない欠陥が残るという技術上の評価損と欠陥は回復しているものの事故歴があるという理由によって車両の価値が下落するという取引上の評価損の2種類があります。

賠償の範囲

技術上の評価損
 一般に賠償の対象になると考えられています。
取引上の評価損
 事故で修理をしたというだけでは,評価損は認められません。
 目安としては,損傷の部位がフレーム等車両の骨格部分で,かつ,外国車又は人気国産車の場合は初年度登録から5年未満(走行距離約6万キロ以下),その他車種の場合初年度登録から3年未満(走行距離約4万キロ以下)の場合には,評価損が認められやすい傾向にあります(あくまで目安であり,上記基準に当てはまっていても認められない場合もあれば,当てはまっていなくても認められる場合もあります。)。

評価損の算定

技術上の評価損
 車両の事故時の時価と修理後の時価との差額を評価損の額とするのが適切であると言われています。
取引上の評価損
 裁判の場合,算定方法は様々ですが,車両の修理費を基準として,その修理費に対する一定割合を評価損の額とするのが多数です。
(例)評価損の額=修理費50万円の20%(10万円)

取扱業務

交通事故トップページ


物損について


人損について


各種保険について



まるやま法律事務所

〒360-0042
埼玉県熊谷市本町1丁目62番地
M&Aビル本町4階
TEL 048-501-8274
FAX 048-501-8276

所属弁護士
 弁護士 丸山博久

営業時間
 平 日:10:00〜18:00
 土日祝:休み
※ご都合により時間外も対応いたします。